プリザーブドフラワーの魔法にかけられたい

皆さんも知っているかもしれないですが、プリザーブドフラワーは特殊な加工がされているので枯れにくいようになっています。
保存状態が良いと10年くらい保存できるみたいなんですよ!
そこで個人的に思ったのは、結婚を申し込むときのプロポーズに用いてみるのはどうかという事。
バラの花束を贈っている人も少なからずいるようなので、生花ではなくこちらのプリザーブドフラワーを贈ってみるのはどうでしょうか?


プリザーブドフラワーとあるディズニー映画

プリザーブドフラワーは枯れにくいお花ですから、いつまでも美しいまま保つことが出来ます。
年月をかけて少しずつ色落ちしてきて、花びらも落ちていきますからその儚さを楽しむのもなかなかいいことです。
まるで、あるディズニー映画に出てくるバラの花みたいじゃないですか?
美しいまま保つことが出来て、少しずつ朽ちていく姿が重なって見えます。
10年も保存することが出来るなんて、まるで魔法にかけられているみたい。


長く保存するには?

プリザーブドフラワーを出来るだけ長く保存するには、お水を与えないようにして直射日光も避けることが大切です。
他にもホコリなどがつかないように、透明なケースやガラスケースに入れておくのがベスト。
湿気にも弱いのでそういった場所にも置かないようにして下さいね。
もともとは生花なので生花と同じよう、丁寧に扱ってあげるようにするのが良いですね。